<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
新着エントリー
カテゴリー
コメント
携帯
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


舞台:BURN CRASH RADIO@芸術創造館12.2.2


2月2日(木)に大阪旭区にある「芸術創造館」にて行われた
講談師の旭堂南陽さんも出演した舞台「BURN CRASH RADIO」に行ってきました!!


実のところ、俳優では無い方々などが主で行われる演劇というものに
ちょいと抵抗があって、
南陽さんは講談師だし、正直どうなんだろう、、、と勝手に不安だったのですが・・・


いやぁ、楽しい舞台でございました!!


出演されたのは、

講談師:旭堂南陽さん
俳優:himeさん
ダンサー:Ikeda kaoruさん
ミュージシャン:MAMU(貴瀬修)さん
太神楽:豊来家玉之助さん


舞台で演劇なんだけど、
それぞれの配役そのものが、それぞれの方々の本職そのままに演じられる脚本になっていて、
俳優のhimeさんが、ストーリーテラー兼リスナーの女性を演じていらっしゃると、
南陽氏はラジオの中で講談の修羅場読み
その修羅場読みで語られる‘ロミオとジュリエット’や'筋肉マンの話’などなどが、
貴瀬さんの奏でるブズーキなどの民族楽器の音色をBGMに
ダンサーのIkedaさんの踊りや玉之助氏の獅子舞などで表現される。

ひとつの舞台上に浮かぶ3つの異なる空間が、見事に、
貴瀬さんの奏でる生の音楽によって結ばれてゆく
まさに、点が線で結ばれる感じの立体感が生まれていて
良いステージだった。

演出・細川博司さん、脚本・二朗松田さんの勝利だなぁと納得。
あたしが不安を抱くだなんて百年早いのだ。

演者それぞれの持つ技術を最大限生かし、無駄なく融合されて魅せられる物語
あっという間の1時間半だった。



何よりあたしを虜にしたのは、生まれてはじめて‘生'を目にした獅子舞。
そりゃ、TVで見たり、お笑いの「ちゃ〜」の人(焼肉屋さんで財を成した人)ので見たりはしたことはあったが、
本物の太神楽ははじめてだったのだ!!


玉之助さんが操る獅子舞は、ほんとにとっても表情が豊かで
笑ったり、興奮したり、切なかったり、舞うたびに感情が獅子舞の顔から溢れてきて
獅子舞自体が感情を持って生きているようにしなやかで…感動。
ロミオを獅子舞で演じきり、ステージ中央で役目を終え、もう動かなくなってしまった獅子舞ロミオを見た瞬間、わくわくしすぎて、まだ物語の途中なのに、空気を読んで踏みとどまったが、危うく大拍手を喝采しそうになったぐらいだ。
あんなに生き生きと鼓動を打ってた獅子舞がその瞬間、ピタッと‘物'に戻ってしまうなんて・・・
まるで、大きく膨らんだ風船の結び目がほどけて、シュルシュルと空気を失ってただのゴムに戻ってしまった時のようなせつなさ。

そして、日本の伝統芸能・太神楽や講談と、まるで違和感無く融合する貴瀬さんの奏でる異国の音色。
伝統と伝統というものには国境なんて全く存在しないのだなぁと実感させられた時間だった。



ステージが終わって、ご挨拶!!


太神楽の玉之助さんと獅子舞ちゃん
この獅子舞ちゃんは「いやぁ〜どーも、獅子舞です!」
って表情してるでしょ!!
なのに・・・
 

あたしが鼻に手を突っ込んでみると・・・
「おいおい、おめーなにしてんだよ」って
あたしの指を見ているような顔しちゃうのね!!



アイリッシュブズーキー、凄く格好良かった
ミュージシャンの貴瀬さん!!
以前に仕事でお世話になったぶりの久しぶりの再会!!

<< 写真館:龍馬さん@伏見,寺田屋周辺 | main | 祇園デビュー!! >>
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
http://sora-nite.jugem.jp/trackback/181