<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
新着エントリー
カテゴリー
コメント
携帯
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


野田ともうします。
 
クラプトンのギターが聴きたくてクリームのCDを探したがみつからず、
村八分のCDをIN。「水たまり」のギターはやっぱかっこいい。

日曜の夜はFM大阪85.1MHzにてラジオ『ミナミJAZZウォーク』聴いてくださったかな?毎週日曜22時から放送中でございまして、よろしくです。


さて、本題です。


昨夜からNHKのEテレで『野田ともうします。シーズン2』が始まった。
柘植文原作の漫画を、毎度5分のショートストーリーで‘そのまま'実写化したドラマだ。

もともと、ワンセグ放送スタートに伴い、素材をオーディションする、みたいな番組で、
視聴者投票1位になったものがレギュラー化してスタートしたのが、昨年秋。
ということで、シーズン1もNHK ワンセグ2にて
2010年10月29日(なんか、びみょーに改編からは遅いスタートだけど)から
2011年4月8日(もちろん、改編びみょーに過ぎて終わってるけど)の全20話
んー、無駄に半年かかってるとこがまたたまらなくいい感じだ。

この9月にEテレで深夜に毎夜2話ずつ再放送したということもあり、シーズン1が記憶に新しい方も多くいらっしゃると思うのだが・・・多いのかな?


あたしが、この「野田ともうします。」に出会ったのは、皆さんよりもきっと少し遅く、
シーズン1の放送期間中の昨年?もう、いつごろの話だったかなんてさらさら覚えてないが、夜中、というか、深夜だな、
ぼーっとTVをつけていると何気に放送されているのを見てしまってからだった。
当時の教育か総合かすらも忘れたが、それは、良くも悪くも、終われど終われど始まる恐怖の'野田〜'のワールド放送だった。
簡単に言えば、「サラリーマンNeo」でもよくある手法で、それまで放送された「野田ともうします。」の10話分位の一挙連続放送だったのだが、
当時、そんなドラマが放送されていることすら知らなかったあたしは、
それがまったく何かわからず、5分エンディングを迎えると、又すぐオープニングが始まる「野田ワールド」に釘づけになった。

中でもお気に入りは、「野田さんの大学の友人たち、野田さんのせいで深夜ラジオにはまってみる」(こんなタイトルでは無いが・・・)の回だ。

もー、次の日くらいに、現場でのあたしの必死様は言うまでもない。
会う人、会う人に「野田〜観た?、ねー、観た??」と袖を引っ張りまくり、
野田〜へあたしのはまりっプリをアピールし続けた。


それから早、何ヶ月。
野田〜は帰ってきた。
周りにアピールすることの目的の1つは、勿論‘共有’の楽しさ、なのだが、
あたしの場合、裏目的として大事な役割を果たしているのは‘うっかり解消法’としての役割である。
あたしは忘れっぽい。そして、非マメ人である。
なので、それはもう、日々'うっかり’が服を着て歩いているようなもんで、
その'うっかり’っぷりは時として我人格さえも危ぶまれること必至である。

そのような時に我救世主として降臨してくださる我神々こそ、種を蒔いた知人たちだ、ということだ。
'好き'をアピールするほど、その'好き'の情報は集まってくる。
「今度どこそこでLIVEあるよね」
「いついつ映画公開始まるね」
「だれそれ、レコーディング始めたようだ」
「来年公開のあれあれのキャストが決まって撮影にはいったようだ」
「どこどこ劇場での芝居チケット発売決まったよ」etc.etc.....

そして、その話が盛り上がるほど、寸前の情報がまた耳にやってくる
そう、「あした・・・」情報である。
明日LIVEだ、明日公開だ、明日リリースだ、、、と。


そして、「野田ともうします。シーズン2」の最新情報も、昨日私の元にやってきた。
「今夜から、野田2はじまるよねー」!!という具合に。

マジすか!と、「今日の深夜にまた野田はじめるべー」などと
微妙に深夜でもないのに、適当なことを言いながら周りに種を蒔く。
すると、まわりのちゃんとした皆は、「深夜じゃないじゃん」などとちゃんと調べて観てくれる、という具合になるわけだ。

みんな偉いね。ありがたや、ありがたや。


話を「野田ともうします。」に戻すけど、
主人公の「野田さん」を演じているのは、江口のりこさん。
舞台や映画、ドラマと、活躍している女優さん。
若手の俳優さんの中で、とてつもなく光り輝いている俳優さんを男女挙げてください、と言われれば、間違いなく、男子・濱田岳氏、女子・江口のりこ氏のあたしにとって、
フィッシュストーリーはたまらない映画であったことは言うまでもない。

というか、映画「フィッシュストーリー」は、なんといったらいいのか、
『大好物すぎるメインディッシュ勢ぞろい映画』なので
もう、どうしていいのかわからないのである。
原作は伊坂幸太郎氏だし、
上記俳優さんWで出演だし、
おまけに、渋川清彦氏も出てるし、
音楽はせっちゃんこと斉藤和義氏だし。
ま、そーなってくると、「ゴールデンスランバー」もそうだけど。
伊坂&濱田&渋川&斉藤(敬称略)そして、
あたしのタイプ未だNo.1(誰も興味ないね、あたしのそんなの)の吉岡秀隆氏ときたもんだ。

あー、あと、
猫好きにはいい感じの映画「私は猫ストーカー」も江口さんがいい感じに出てて、
あ、これは、オーディオコメンタリーがめっちゃ微妙でいい感じなのでお勧めだ。
あ、これは書くとこれ以上長くなるので、また別の機会にしよう。
ひとつ、書くとすると、この映画には、サザエさんの母・フネさんでお馴染みの麻生美代子さんが出演されている。


話が飛びまくって申し訳ない。
「野田ともうします。シーズン2」Eテレにて、土曜22時45分から
(関西地区では…全国一緒かは知らない)放送中です。
微妙に制作費が上がったのか(笑)シーズン1よりいろんな意味で豪華になってるぽくて不安ですが、全20話見逃さないように楽しみたいとおもいます。

<< 写真館:野崎観音の猫 | main | いろいろと… >>
スポンサーサイト


【コメントする】










この記事のトラックバックURL
http://sora-nite.jugem.jp/trackback/170