<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
カテゴリー
コメント
携帯
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


祇園デビュー!!
 

まあ、この歳にして「初!祇園デビュー!!」してまいりました。

どうやら普通にちゃんと歳を重ねた社会人ならばすでに祇園常連になっていてもおかしくないらしく・・・

外国からの観光客の方々と肩を並べてちゃんと一通りおのぼりをして祇園の白川?の川沿いを歩き、まだつぼみの固い桜並木を川沿いに眺めながら、注文もしていないのに出される京料理に舌鼓しながらお酒をたしなんでまいりました!!




で、話をいろいろして思ったのです。


あたしゃ、なにしてんだろう??と。



ま、これは、祇園デビューには全く関係ない話なんですが。




お酒を飲みながら話をする時って、
おそらく、何か自分に欠けてるピースを埋める言葉を欲してたりすると思うのね
ま、時と場合によるんだけど。
特に何も考えず、ふわっと呑めればいいなぁってときも勿論あって、
でも、そういう時は帰ってきたらどっと疲れたりするんだけど。


なにしてんだろ?って先に言っちゃうと、そうじゃなかったのかなぁ?と思われちゃうかもだけどそうじゃなくて、
話をちゃんと出来たからこそ、今の自分は何してんのかなぁって深く考え込んじゃったりするわけですよ。


自分はなんなんだろうなぁ、とか、
どうしたいんだろう、とか。
柄にも無く帰り道、独り、考え込んじゃったりするもんだよなぁ
きっと皆もそうでしょう。


特別じゃない何かと、特別な何か、
否定されたい自分と、きっと否定されたくない自分
頭で解っていても、、そんなもんはきっと誰でも考えてるありふれた思考で
自分なんてきっとありふれた大多数のほんのひとつに過ぎないんだろうな、なんて思ってるのに、なんか、心か体か、わかんないけどどっかで特別を待ってる自分が居る事を否定しきれないでいる自分。

ん、

ややこしい。


例えば、心から自分が納得できる形で自分を否定してくれる人をずっと探しているのかも知れない。
否定、というのは言葉が違うんだけど、
自分が自分自身で理解できない部分を、
もしかしたらある意味納得できる形で言葉にしてくれる人を探す旅をしているのではないかなぁと、ふと、思うのである。
それを、肯定というのか、否定というのかすら、今の私には解らないけれど。


否定されると悲しい
でも
肯定されるとイライラする
そのイライラはきっと自身の中にある何かが自分でも理解しきれていないから答えの無いわだかまりに自分自身が折り合いをつけきれなくて起こるイライラなのだと思う
そのイライラをパズルを合わせるようにつなげてくれる何か、言葉?を待っているのかもしれないなぁ、などと、
まるで他人事のように思う帰り道。


ま、その答えすら、自身の中にしかないのだということすら分かっているのになぁ。




でも、こんな事を考えられる夜があったことを
やっぱり嬉しく思いながら
いつかわだかまりが解ける日を待ち望む自分は
白馬の王子さまを待つ大ばか者なのだろうなぁと
笑えてきたりする。




私の目に映る、赤や青やオレンジの色が
いつか誰かの目に映るその彩のそれらのように
全く同じに見えていることが解った瞬間
その世界は星空の輝きのようにキラキラした世界だろうか

私の小さな脳みそのなかで
抱えきれない謎たちがうごめいて大暴れ
それらを目に見える形に出来る術を今の私は知らない


恥ずかしながら
本音を言えばこんなかんじだろうか

こういう夜は
心から楽しいなぁと思えたりする。



まあ、
「祇園デビュー!」には
全く関係ないけどねぇ

舞台:BURN CRASH RADIO@芸術創造館12.2.2


2月2日(木)に大阪旭区にある「芸術創造館」にて行われた
講談師の旭堂南陽さんも出演した舞台「BURN CRASH RADIO」に行ってきました!!


実のところ、俳優では無い方々などが主で行われる演劇というものに
ちょいと抵抗があって、
南陽さんは講談師だし、正直どうなんだろう、、、と勝手に不安だったのですが・・・


いやぁ、楽しい舞台でございました!!


出演されたのは、

講談師:旭堂南陽さん
俳優:himeさん
ダンサー:Ikeda kaoruさん
ミュージシャン:MAMU(貴瀬修)さん
太神楽:豊来家玉之助さん


舞台で演劇なんだけど、
それぞれの配役そのものが、それぞれの方々の本職そのままに演じられる脚本になっていて、
俳優のhimeさんが、ストーリーテラー兼リスナーの女性を演じていらっしゃると、
南陽氏はラジオの中で講談の修羅場読み
その修羅場読みで語られる‘ロミオとジュリエット’や'筋肉マンの話’などなどが、
貴瀬さんの奏でるブズーキなどの民族楽器の音色をBGMに
ダンサーのIkedaさんの踊りや玉之助氏の獅子舞などで表現される。

ひとつの舞台上に浮かぶ3つの異なる空間が、見事に、
貴瀬さんの奏でる生の音楽によって結ばれてゆく
まさに、点が線で結ばれる感じの立体感が生まれていて
良いステージだった。

演出・細川博司さん、脚本・二朗松田さんの勝利だなぁと納得。
あたしが不安を抱くだなんて百年早いのだ。

演者それぞれの持つ技術を最大限生かし、無駄なく融合されて魅せられる物語
あっという間の1時間半だった。



何よりあたしを虜にしたのは、生まれてはじめて‘生'を目にした獅子舞。
そりゃ、TVで見たり、お笑いの「ちゃ〜」の人(焼肉屋さんで財を成した人)ので見たりはしたことはあったが、
本物の太神楽ははじめてだったのだ!!


玉之助さんが操る獅子舞は、ほんとにとっても表情が豊かで
笑ったり、興奮したり、切なかったり、舞うたびに感情が獅子舞の顔から溢れてきて
獅子舞自体が感情を持って生きているようにしなやかで…感動。
ロミオを獅子舞で演じきり、ステージ中央で役目を終え、もう動かなくなってしまった獅子舞ロミオを見た瞬間、わくわくしすぎて、まだ物語の途中なのに、空気を読んで踏みとどまったが、危うく大拍手を喝采しそうになったぐらいだ。
あんなに生き生きと鼓動を打ってた獅子舞がその瞬間、ピタッと‘物'に戻ってしまうなんて・・・
まるで、大きく膨らんだ風船の結び目がほどけて、シュルシュルと空気を失ってただのゴムに戻ってしまった時のようなせつなさ。

そして、日本の伝統芸能・太神楽や講談と、まるで違和感無く融合する貴瀬さんの奏でる異国の音色。
伝統と伝統というものには国境なんて全く存在しないのだなぁと実感させられた時間だった。



ステージが終わって、ご挨拶!!


太神楽の玉之助さんと獅子舞ちゃん
この獅子舞ちゃんは「いやぁ〜どーも、獅子舞です!」
って表情してるでしょ!!
なのに・・・
 

あたしが鼻に手を突っ込んでみると・・・
「おいおい、おめーなにしてんだよ」って
あたしの指を見ているような顔しちゃうのね!!



アイリッシュブズーキー、凄く格好良かった
ミュージシャンの貴瀬さん!!
以前に仕事でお世話になったぶりの久しぶりの再会!!

写真館:龍馬さん@伏見,寺田屋周辺
 

寺田屋さん







横からお庭に入ると・・・
龍馬さんです。
龍馬さんといえばこの格好なのですが、、、(あたしのイメージ)
コロンブスさん同様、
歴史に名を残す人達は皆やはり
胃も痛むのでしょうねぇ・・・(笑


坂本龍馬の碑ですが、、、
たぶん、「ここでこんなんありましてねぇ〜」ってことが
書いてあったと思うのですが






近くをぷらぷら歩いていると
『黄桜』発見!!
そうですなぁ、伏見はお酒の街ですもの・・・


黄桜資料館にお邪魔すると、
さすが黄桜!
河童のプチ資料館まで!!
わたくしの中で「黄桜=エロ河童」というイメージなのですが・・・
もちろん、昔のCMのイメージが幼心に強烈でして(笑
期待を外さず、こんなセクスィ河童嬢が待っていてくれました。


舟の行き交う伏見


今も昔も変わらない
空と水の風景なのでしょうなぁ


写真館:@MIE
 







蟹さん発見


「何やつ!」



どんなに清楚な顔していても・・・


中身をうりゃっと見てみれば、
だいたいにして皆同じようなもんでしょう。





THE ROSE
 
物凄い有名な曲ほど、意外にちゃんと聴いてなかったなぁと気付くときがある。


BETTE MIDLERの「THE ROSE」
ちゃんと向き合って聴いていたのだが・・・


良い曲だなぁ。



すばらしい歌い手であり、素敵な女優さん。
映画でもすばらしい歌声も届けてくれるのだが、
彼女が出演している映画「FOR THE BOYS」の
IN MY LIFEが一番好きだったりする。
そう、レノン・マッカートニーのね。

この映画の中で彼女は、まだまだ男性社会の色濃いショービジネス界のなかで活躍する1人の女性の半世紀を演じているのだが、このサントラがほんと、良いのでお勧めだ。
そこにもちろん、IN MY LIFEが収録されているので、是非ものである。

にしても、ローズ。
沁みるねえ・・・

〜夜があまりにも寂しかったとき
そして道があまりにも長すぎたとき
そして愛は幸運で強い人間にしか叶わないと思ったとき
思い出してほしい
冬の冷たい雪のずっと下では
種が横たわり
太陽の愛を浴びると
春には薔薇になるということを〜


んで、この曲に邦題があることをはじめて知った。

「愛は花 君はその種子」





まぁ、まー、ね、
良い曲だから
いいんですけど。
「種子」って。



 | 1/35P | >>